先日、ブログ・webライターに役立つのではとコピーライター講座にいってきました。
講座では「へー!この短い言葉の中にそんなノウハウがつめこまれているのね!」と目からうろこ。
人を一瞬でひきつけるキャッチコピーが、こんなにも作りこまれているなんて!
奥が深いなーと勉強になったので、その一部をまとめます。

そもそも、キャッチコピーとは?

主に商品や作品の広告など、何らかの告知や宣伝に用いられ、謳い文句や煽り文句となる文章である。惹句とも呼ばれる。

1文、1行程度のものから、数行に亘る物まで形式は様々である。広告や宣伝においては、キャッチコピーで商品の印象が決まると言え、その出来如何によっては商品自体の売れ行きが大きく左右される事になるため、重要視される。職業としてキャッチコピーを創作する者をコピーライターという。
引用先:Wikipedia:キャッチコピー 

広告や雑誌でよく見かける短い言葉のことですね。
グラフィックス4

https://www.plan-international.jp/girl/special/index_s.html

公益財団法人 プラン・インターナショナル・ジャパンのキャッチコピーをご存知の方も多いのではないでしょうか。

「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」


この言葉の中に、途上国で少女をとりまく環境がつめこまれています。
ズキンと突き刺さる表現にただただ切ない。
じゃあ、その現状をどうしたらいいの?
そう、読み手に問いかけ、行動にうつしてもらう、そんなキャッチコピーだと思います。

そんなキャッチコピーを作れるようになるにはある程度のトレーニングが必要。
言語学、社会心理学、行動経済学などなど、豊富な知識もつかわれています。
そんな難しいことできない!!!!無理!!!
という人のために今すぐ使える!キャッチコピー講座をまとめますね。


キャッチコピーの種類は大きくわけて3つ!
①イメージコピー
起業や商品のイメージを固めたいときに使う、ぼんやりしたコピー。
例)日本コカコーラ「おいしいものは、脂肪と糖でできている」

②発見コピー
「あ、そういえばそうだった!」と発見させるコピー。
例)サントリー「自分より強いヤツを倒せ。」

③あるあるコピー
「あー、あるある」と思わせる、共感を呼ぶコピー。
例)ルミネ「運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる」


まずは「いいなあ。」と感じたキャッチコピーを写経する
例えば、日本コカコーラ「おいしいものは、脂肪と糖でできている」
なぜ、この単語「おいしい」はひらがななの?
ルミネ「運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる」
なぜ、ここに「、」があるの?「を」に「、」っておかしくない?
なぜ、なぜ、なぜー!?
写経をしながら考えてみるとなるほどー!とアハ体験ができるようになります。


キャッチコピーの作成にチャレンジ!
①連想ゲーム
「○○」といえば○○だよね!と連想して箇条書きにする。
例)強い炭酸ペプシ
→辛い、痛い、鼻に抜ける、爽快、ゲップ、一気飲み、大人の味、こどもはのめない、目が覚める・・・など!とにかく書き出してみます。

②シーンに当てはめてみる
例)テスト勉強、スポーツの試合、仕事など。



むーん。
奥が深いぞキャッチコピー。

  
関連記事。
>>文字に36度の体温をのせられるライターになりたい、こころからそう思った
>>コツコツ書きためた先に見えてくる!ライティングの可能性
>>実習レポートで「意味不明!」と書かれるレベルの私がWEBライターになろうとおもった理由

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ
にほんブログ村