こんにちは。
愛知県在住フリーライターの小澤志穂です。

私は機械に弱い(説明書を読まない)ので、「とりあえず安くて軽いやつ」という基準で選択しがちでした。

しかし、フリーランス2年目ともなるとお仕事の幅も広がり「安くて軽いやつ」という基準で購入した仕事道具たちでは物足りなくなってきました。

▼過去記事はこちら
取材でカメラ撮影をするライターが必須の持ち物をまとめたよ

1年前はことたりたことでも、容量や機能などが「足りなーい!」と仕事に支障が出る出る。
いや、機材は悪くないんですよ…ただ、私の活動範囲が広がっただけ!!

フリーランス1年目から機材がどう変化したのか以下にまとめますね。
※一部、これから購入しなきゃ的なものも含まれています。



何だかんだで取材には一眼レフだよ、カメラ編
以前はミラーレス一眼を使用していましたが、現在は一眼レフを購入。
ミラーレスと一眼レフの機能は大差ないといろいろなところで見聞きしますが、いかんせん使う側のスキルが追い付かない…私は一眼レフを購入してから「写真が上手くなったね」と言われるようになりました。

一眼レフはCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8iを購入。
購入時にX9の新型が出ていましたが、ライターの先輩にいろいろ教わるときに同じやつの方が分かりやすくていいなと。身近な人と同じ機材にすると教えてもらいやすく、忘れ物をしたときに貸してもらえる!!というパラサイト精神まっしぐらです。

(あれ、私が買ったときに比べて新品半額以下じゃん。見なきゃよかった)
以前は、ミラーレス一眼を使用していました。
旅先で軽い方がいいなかーと思っていたんです。
しかし、現在なら軽さ重視ならiPhonでいいじゃん!ということで、これからライターとして仕事でカメラ使うかもという方は一眼レフの購入をお勧めします。

その他にも、レンズフードと三脚を新調しました。


レンズフードはゴーストやフレアが入り込まない、ガラスに反射したものの映り込みを防ぐ、レンズを守るなどの効果があります。私は取材で逆光やオフィスの窓ガラスに映り込んだものたちに苦しめられてきたので…。

三脚は以前使用していたものが壊れたので、スマホもセッティングできるものにしました。
Facebookのライブ配信などできるように…こうやって仕事に合わせて機材が増えていくんだなーと思いました。


やっぱり機能重視だよ、PC編
フリーランス1年目はそんなに仕事もなかったので、「3万円で1キロ以下のもの!」と安さと軽さ重視で購入したんですが…取材先でその場で写真をめっちゃ取り込んで編集したり、講師でPC画面を表示したりするときに「物足りない!」という状況になりました。

今、使用している機材が悪いわけではなく、外付けでいろいろそろえればいい話。
外付けにすると物を失くす、自分の仕事に見合った機材を選択できない私の判断ミスなんですが…最近、取材先で「簡単な動画つくれる?」と動画の編集も頼まれることが増えました。

地方のライターあるある。
ディレクター、ライター、カメラマン、動画撮影…1人で何役もこなす!!

動画編集ともなるとメモリ15GB以上は必要です。
あと、プロに師弟を申し込みするにしてもお師匠と同じ機材でやりたくなる。
だいたい、クリエイターはMacを使用しているんですね。
んじゃ、同じのを使おうと…もう、みなさんに伝えたいことは「仕事用の機材を購入するときは尊敬する人と同じものを購入しよう!安さ重視は趣味の範囲で!!」と声を大にして言いたいです。



その他、もろもろ編
iPad欲しい…イラストレーターの知人やTwitterで「#iPad芸人」「#図解チャレンジ」を見ていて、自分もやりたいー!と思っています。
仕事に取り入れるかどうかは置いといて、とにかくやってみたいが先行していますね。



1年以内には買ってそう…とりあえず、Amazon欲しい物リストに入れました。

以上、フリーランス2年目、今ならこれを買っておくリストを作ってみたでした。