こんにちは。
愛知県在住のライター小澤です。

私は主にWebメディアでインタビュー取材記事やSEO記事を執筆しています。
その他に社外広報的な仕事もするこがあり、今回はそのひとつである「社内報」についてご紹介したいと思います。

社内報とは、社内広報を行うために制作された冊子やWebなどのこと。
ある程度の規模の会社にお勤めの方は見たことがあるのではないでしょうか。

私も前職は大手企業が母体の病院で働いていたため、
病院や組合の社内報が定期的に配布されていた気がする…ちゃんと読んでおけばよかった!!汗

今回は、私が社内報を作るときに参考にしているサイトを2つご紹介します。


社内報の教科書
スクリーンショット 2019-06-16 21.00.52
画像:https://www.shanaihokenkyusho.com/より引用

こちらのサイトは、社内報を作るときの手順が丁寧に紹介されています。
なので、「こういうとき、どうしているのかしら?」と疑問が出ると
だいたいこのサイトで解決することができました。

デザインサンプルも豊富に添付されているため「この構成いいなあ」とラフの参考にもできました。
 
無料セミナーが開催されているようですが、
対象は会社で社内報担当している人ということで、
フリーランスの私は対象外かなと…断念。

社内報ナビ
スクリーンショット 2019-06-16 22.02.09
画像:https://shanaiho-navi.jp/より引用

こちらのサイトも、社内報を作るときの手順が丁寧に紹介されています。

他のサイトとの違いで一番「これ役立つー!」と私が感じたのはラフの描き方!!

私は出版社の勤務経験がなく、主にWebメディアを中心にライターをしているので、ラフ描いたことがないんです!デザイナーさんに自分の完成イメージを伝えるときは、それっぽく書いて「ここは写真で、文章は縦書きで、こっちは横書き…」とメモを記入しつつ、あれ?これでいいのかな??となってました。

本当に助かります!


Work&Life
スクリーンショット 2019-06-16 21.16.39

画像:https://and-l.jp/magazine/より引用

こちらのサイトは名前の通り「働く環境を考える人」の事例が紹介されています。

社内報を作成する会社の目的はさまざま。
主に①経営方針の共有②社内コミュニケーションの活性化の2つが目的であることが多いのではないでしょうか。

こちらのサイトは、さまざまな企業の取り組みが紹介されており「ふむふむ、これは使えるかもしれない!」「これは、こちらの企業には合わないかも」と社内報の企画を出すときに参考になりました。


最後に、社内報は作ることが目的ではない
私が社内報を作るときに心がけていることは2つ。

・社内報は手段であって目的ではない
・担当者が目的を達成するにはどうしたらいいかを全力で考える

私はフリーランスなので、依頼してくださる企業様の社員ではありません。
社内報はものを作って終わりではなく、それを介して実現したい課題があるはずです。

取材や質問紙に社員があまり協力的じゃなくて…そんな悩みを抱えている担当者様も少なくありません。
しかし、話を聞いているとむしろそこにチャンスがあるのかなと。


「うちも社内報を作りたいけど、作れる人がいなくて」
▼そんなお問い合わせはこちらにどうぞ。
お仕事依頼・問い合わせフォーム