1006112_448543498575201_121242

大学の卒業旅行のしおり、とても懐かしい写真を見付けました。

初めての屋久島トレッキングで何の準備もせずに行ったがために疲労困憊。
ホテルに帰ってから、みんなが大富豪をしている横でぐったりとベッドに沈み込んでいたのもよい思い出です。楽しかったなあ。

学生の頃、社会人にいわれたことば。

「社会人になったら学生の頃みたいに自由に遊べなくなるよ。」

「今のうちに遊んどけ。」


社会人5年目、
学生の頃よりもはげしく遊びまわっています。

旅、移動距離、人との繋がり、お金の使い方。
学生の頃とは比べ物にならないくらいわたしの世界は遊びとともに広がっていきます。

それはわたしが未婚・子なしだからでしょ?
そういう人もいると思います。

たしかに、一理あるでしょう。

しかーし、
わたしの周りには既婚・子ありで遊ぶように暮らす、
暮らすように旅をしている人たちがたーくさんいます。


「結婚したら、今みたいに旅行にでかけられなくなるから行っておかなきゃ。」
そう言っていた人たちは結婚後に以前ほど旅行にでかけなくなりました。
そして、疎遠になってしまったように思います。

きっと、その人たちはそういう生活を望んだから現実がそうなっているだけなんです。
それが良いとか悪いとか言いたいのではありません。

わたしの今の生活は、全てわたしが選択したものの延長線上にあります。
住む場所、仕事、職場、友人、趣味。
自分の世界は自分で自由に決めることができる。

そういえば、わたしの周りには「社会人(既婚)になったら自由に遊べない。」と言っている人はいません。
いかに仕事に集中して、休日を楽しく過ごすか全力で考えている人たちです。

お金がない?

稼げばいいじゃない。
時間がない?

仕事の効率わるくないか。
有給休暇が取れる職場に転職したらいいじゃない。

家族がいるから無理?
家族で楽しめる場所を選べばいいじゃない。

できない理由を考えるよりも
どうやったらできるか?を考えた方がわくわくするのになあ。