こんにちは。
旅ライターのしほです。

先週、人生初の新潟旅行をしてきました。
今まで、なんで新潟にいかなかったんだろー?というくらい楽しかった!
行きたかったゲストハウスに3か所も宿泊することができたし!
なにもないと思っていた新潟観光はいろいろありすぎて不完全燃焼!
地元の人が「新潟のおすすめいっぱいあるよ!」と笑顔で話してくれたのが印象的な旅でした。

うーん、すでに新潟ロス!!
次はいついけるかしらー?と余韻にひたりながら、新潟旅行ブログのダイジェスト版です。

名古屋―新潟県の交通費を計算。
人生初新潟県だし、次にいつ行けるかわからんし、せっかく時間とお金をかけるなら長期滞在したい!と3泊4日にしました。

「新潟県は遠いなー。」

って言ってたわたし!
愛知―茨城、愛知―鹿児島の距離を自家用車で移動するのにね!
なぜか、新潟県は遠いイメージで、これをわたしは「心理的アルプス」と呼んでいました。

物理的アルプス(長野県)がそびえ立っているのはもちろん。
心理的アルプス(経費、どんな楽しみがあるのかわからない)の方が大きかったんです。

そんな心理的アルプスをこえさせてくれたのが、旅先で出会った新潟女子!
「社交辞令はいらない!いつ空いている?」
そう聞かれて2か月後に新潟県にいました。笑

わたしの心理的アルプスをこえさせてくれたのは「人」だったんですよ。

宿:ゲストハウスなり(ドミトリー)1泊3,700円
移動:名古屋―新潟(バス)、片道7,900円、移動時間7時間 
銭湯:千代乃湯400円、だったかな?
食事:大佐渡たむら

宿:粟島ゲストハウスおむすびの家(ドミトリー)1泊3,000円
移動:新潟―村上(電車)片道1,140円、岩船港―粟島港(高速船)3,700円
食事:友人がおごってくれたありがとー!!

宿:ゲストハウス人参(ドミトリー)1泊3,000円
移動:移動:岩船港―粟島港(フェリー2等席)1,800円
食事:カフェそそど カレーライス・島コロッケ1,200円

移動:新潟―名古屋(バス)片道7,000円
食事:THE COFEE TABLE カフェモカ・ホットサンド1,200円



わたしは事前情報ほぼなしで新潟旅行をしました。
2日目は現地に友人がいたので丸投げ!
3、4日目は現地にいる人に聞けばいいだろうと準備せず!笑

やっぱり、旅行は事前に下調べがある程度必要でした。