こんにちは。
旅ライターのしほです。

わたしはWEBライターという立場から、
施設、お店、人など自分がいいなと思ったものを記事にしています。
大手の雑誌、有料クーポン紙のように相手からお金をもらうことはありません。


自分がいいなと思ったものを他の人に共感してもらいたい!
そんな自己中な考えから、1年くらい前にブログをはじめました。
そして、いろいろな人に「ありがとう。」「すっごくいいね。」と言ってもらえるのがうれしくて、それまでの畑違いの職業(病院勤務)からWEBライターに転職してしまいました!!

単純!!

わたしの応援の仕方はブログやサイトで記事にすること。
そして、身近な人に口コミでおすすめしまくることです。

最近、わたしが書いた記事をたくさんの人にシェアしてもらうことで気付いたことがあります。


相手が喜ぶ応援の仕方はいくつも存在して、
そして、相手が一番よろこぶ形で応援できる人はすごいなあと尊敬します。

たまに、「こんなに、つくしているのに!!」と逆切れするストーカー気質な人もいます。
その人たちって相手が一番よろこぶ形で応援できていないんです。
ただ、自分が気持ちよくなるような方法をおしつけているだけ。

わたしもそうならないよう気を付けようと思います。
わたしが「ここサイトで紹介したいな。」と思っても、それを望んでいない相手もいます。
その場合は取材をはっきりと断られることもあれば、遠まわしに断られることもあります。

相手が何を求めているのか、
どの方法が相手にとって一番の応援になるのか、
常に考えていきたいですね。

さて、今回はSNSでうれしい応援の方法を紹介します!!


うれしいシェアのされ方3つ
うれしいシェアのされ方はブクマ、引用リツイート、リツイートの3つです。
この3つをうれしい順に並べるとこんな感じ。

ブクマ>>>引用リツイート≠リツイート

なぜ、この順番なのか?
詳しく説明しますね。

Twitterのリツイート
Twitterのツイートの共有の仕方は2つ。
リツイートと引用リツイートがあります。
リツイートは他人のツイートをそのまま共有すること。

リツイートされるとお知らせがくるので「あ、リツイートされてる。うれしい。」と感じます。

Twitterのタイムラインは自分の部屋やクローゼットと同じです。
自分が見ていて気持ちいいなあと思うものを集めたくなるものですよね。
リツイートされると、そう感じてもらえたのだなとうれしくなります。





Twitterの引用リツイート
引用リツイートは自分のコメントを添えてリツイートすることです。
コメントがポジティブなものであるほど、
引用リツイートされた相手はうれしいと感じます。

ただ、引用リツイートだと元記事の画像や文章が小さくなってしまうというデメリットがあります。
よって、引用リツイートするならリツイートの方がいいと感じる人もいるでしょう。

自分の考えものせてツイートしたい場合は、
引用リツイートよりも、ブクマの方がおすすめです。

その理由を次に述べます。







ブクマ(はてなブックマーク)
そもそもブクマとは?
ブックマーク」の略。特にはてなでは「はてなブックマーク」そのものを指したり、はてなブックマークに追加することを「ブクマする」と言ったりする。

引用先:Hatena Keywordより

ブクマは、はてなブログに登録している人が使えるツールです。

Screenshot_2017-07-02-13-46-31

ブクマしてくれた人は、このように確認することができます。

ブクマでは、①自分のコメント②ブクマのコメント数③はてなブクマのURL④記事タイトル⑤記事URLの5つが表示されます。

わたしは、ブクマを知る前に疑問に思っていました。
「この『他5コメント』ってどこにあるのかしら?」
つい最近、「コメント数はブクマ数なのね!」と知りました。

はてなブログをやっていない人や、ネットに詳しくない人は知らないかも!!

『他5コメント』と表示されている数が多いほど
注目されている記事なのかな?と興味を引きますよね。

そこがブクマのポイント!!

そして、ブクマが増えると「はてな新着エントリー」「はてなホットエントリー」に表示されます。

そうすることで、より多くの人の目にとまりやすくなるのです。

以前、こちらの記事をアップしたら普段の3倍ほどPV数がありました。
理由が全くわからなかったのですが、
アクセス解析からリンク元を見ると、
はてなからの流入であることに気付きました。

そして、リンク元をたどっていくと「はてなホットエントリー」に表示されていたのです。

ただ、その頃はブクマの存在を知らなかったし、
そもそもこのブログはlivedoorブログなので
「なんで、はてな?」と疑問でした。

ブクマは、はてなブログ以外にもつけることができます。
そして、ブクマが多ければ多いほど、拡散される可能性が出てきます。

はてなブロガーはそのことをよく分かっているので、
自分がいいなと思った記事はブクマしているのです。


それを知ってからは、Twitterのライムラインを見ながら
「ふむふむ。この人はブクマしているし、他の人からもブクマされている。」
そういう見方をするようになりました。

ブロガーにとって、自分の記事がポジティブなコメントと一緒にシェアされることはとてもうれしいものです。
相手がよろこぶ応援の仕方は必ずあって、誰かに応援される人は誰かを応援できる人だなと思いました。


わたしの記事に対してTwitterやFacebookでシェアしてくれたり、
直接コメントをくれたり、たくさんの応援をいただくことがあります。



2016年9月に旅仲間のしおちゃんと始めたブログ「ガサゴソ旅女会」

これは自分たちが勝手にロックオンした場所や人を紹介するブログです。
ブログをはじめたことで、「ありがとう」と応援してもらえるので
わたしたちも更に通いつめたり、友人を連れて行ったりします。


自分が応援されることで、
自分も相手をどう応援したらいいか分かってきました。



わたしのブログや他のサイトで書く記事は、人によって好みが分かれてきます。
もちろん、文章や写真の技術が足りないことは百も承知です。
根気よく丁寧に指導してくださる編集・ライターさんに出会えたことは私の財産です。
感謝してもしきれません。
記事で紹介するお店の人たちやわたしを見つけてくれた編集・ライターさんたちのためにももっとスキルアップしたいです。


誰かのためというより、わたしがした行動によって
相手がよろこんでくれたり、お仕事の幅が広がったり、
わたし自身にできることが増えていくこと、わたしがうれしいんです。


応援してくれる人は「現状の私」を認めてくれます。
もちろん、思うことはあっても、それは言いません。
なぜなら、自分で気付いて改善していくことだと分かっているから。
また、きちんと指導してくれる人の存在を想像できる人たちだから。


わたしも相手にとってそうでありたい。

相手がよろこぶ応援の仕方は必ずあって、
誰かに応援される人は誰かを応援できる人。


フリーランサーになって3か月。
ポジティブとネガティブいろいろな経験をしました。

ネガティブなことに支配されてしまいがちだけど、
自分を応援してくれている人がこんなにたくさんいる!
そう感謝することが増えた3か月間だったなーと思います。