ブロガー・フリーランス整体師のしみくんのブログでわたしの紹介をしてもらった。


わたしがしみくんを知ったきっかけはTwitterだった。
ブログを書きはじめてから、いろいろなブロガーさんたちをフォローするようになっていったとき。

グラフィックス92
>>ブログ はなうた横丁

>>Twitter しみ@shimi_yurutabi


Twiiterのつぶやきやブログ「はなうた横丁」を読んで、
ホットミルクのようにあたたかくて優しい文章に
「わたしもこんな風にかけるようになりたいなあ。」とおもっていた。

初めてリアルであったときの印象も同じく。
しみくんのまわりに人が集まってくるの納得だなあとその雰囲気にいやされた。

しみくんはたにくん、みやくんの3人からなる「楽しい、友達、居場所」を
コンセプトに活動する3人組 PATERSとしても活動中。

>>Twitter paters_

>>Facebook

現在、PATERSは2017年4月に「 BAR × ひみつきち 」 を阿佐ヶ谷に開業準備中。
その活動経過をFacebookでみるのもたのしい。
BAR×ひみつきちができたら友達をつれて行きたい!

しみくんのブログ紹介の取材でこれは盗みたい!と思ったことをちょっちょっとメモ。



相手がポジティブになれるような会話のひきだし方
bloom-1851294_960_720
以前、ライター講座でインタビューの仕方を学んだのだけど、
「どんな質問をして、こんなゴールにもっていく!」
わたしはインタビュー前の準備とインタビュー中の会話の流れに
乖離ができると臨機応変にはなしを続けられずにあたふた。

しみくんのインタビューの仕方はとにかく自然体でカフェみたいにまったりしていた。
わたしの話を肯定してくれるので、安心して話すことができたなあ。
いつの間にか、わたしは自然とポジティブな話をしたくなってきたのね。

普段は超絶ネガティブな発言をしたりするんだけど、そんなわたしはどこえやら。
「わくわくする話をしたいなあ。」と自然と笑っていた気がする。

すごいなあ。

きっと、インタビューをする人によって、その人の印象って変わってくるんだな。
わたしも相手からポジティブな感情を引き出せるようなインタビューができるようになりたい。


できあがった紹介文を読んで涙がとまらなかった
canada-1988081_960_720
下書き確認で紹介内容を読ませてもらったとき、ポロポロと涙があふれてきた。
「ああ、こんなふうに文字に36度の体温をのせられるライターになりたい。」
わたしは心からそう思った。

「わたしの黒歴史」と言っている新卒から社会人3年目のもやもや期。
しみくんのインタビュー中も自分の中でうまくまとまっていなくて、
それを丁寧に文章にしてもらって、あの頃の超絶ネガティブなわたしが救われた。


現在の職場を退職して、旅をしながらwebライターとして生計を立てていく。
根拠も自信もなくて、一部の人にしか話していなかったのだけれど。
ただ、わたしの中で決意は固まっていた。
退路を断って、とにかくやってみよう。
今、たりないものはコツコツたしていこう。
そのためにライター講座やブログ勉強会に参加したり。
カメラマンの友達に写真を教えてもらったりしている。
応援してくれる人がいる。
挑戦してダメなら本望だよね。

こうやってブログで紹介してもらうことで、背中をそっと押してもらえたような気がした。

本当にありがとう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ
にほんブログ村