ヨッピー
こんにちは。
愛知県フリーライターのしほ(@nagoyatabijo)です。

働いていると「くっそー!辞めてやる!」という状況にあったことありませんか?

  • 「辞めたい」と思っても実際は行動に起こせない。
  • 今すぐ辞めるつもりはなくてふわふわ過ごしている。

私はサラリーマン時代とフリーランスになってから、
どちらでも感じたことがあります。

ただし、「仕事無くなったら困るから我慢。」と何もなかったように過ごすことが多いです。

そういう状況から抜け出したい、でもどうしたらいいの?

誰もが感じている不安じゃないでしょうか。


今回、ヨッピーさんによる「明日クビになっても大丈夫!」の出版記念イベントに行ってきました!

明日クビになっても大丈夫!なんて、どうしたらいいの…?
その当たりを詳しくお伝えします!


明日クビになっても大丈夫な状況にするために
そもそも、「自分にはここしかない!」という状態って依存している証拠。
会社でも人でも言えることなじゃないでしょうか?


会社と家の往復、友人関係、恋人、家族…他にもより所が重要。

会社であれば、副業をして別収入があれば経済的にも精神的にも依存しなくてすむ。
副業までいかなくても、会社帰りに立ち寄るサードプレイスがあれば
「別に、辞めても他があるなあ」という思考になれます。


ヨッピーさんいわく会社を辞めてフリーランスになったデメリットは「マンションの審査を落ちたこと」くらいだそう。
それも、両親にお願いして解決。

だいたい会社を辞めてもなんとかなるというかなんとかするんでしょうね。

環境に順応していく感じ。

パワハラあるあるー。
(ひどいパワハラやセクハラは録音をして証拠をとっておきましょう!)

「辞めてもいいっすよー。」としれっと言えるためには
日ごろからスキルアップのための勉強(私は社会人になってからの方が勉強してる!)と会社外のコミュニティが大切なんですねー。

「私が悪いんだわ。」そう泣き寝入りしている人は視野を広げてみて!!

そのコミュニティの常識は他では非常識のことなんてザラ。

いろいろな価値観に触れることって大切ですね。


フリーランスの方で足元を見られて価格交渉で苦い想いをした経験ありませんか?

あと、「相手の機嫌を損ねたら、その会社から一生お仕事もらえないかも!」と不安になるやつ。

ヨッピーさんいわく、全然問題ないのだとか。


嫌な仕事をしなくてもいいようにするには発信力を持っているいいよーと。

今は「つくる」だけじゃなくて、「拡散する」ことまでが納品だったりします。

私はwebライターとして自分の書いた記事を届けたい人に拡散するまでが納品。

書いて終りのライターは世の中に沢山いるし、
そういうライターさんが書いている記事って誰でも書けるものが多い。

その他大勢から抜け出すには発信力が重要ですよね。





フリーランスのなかなか聞けないお金の話
確かにー!

でも、会社員からフリーランスになった人が一番最初につまづくのは価格交渉じゃないでしょうか?

実績がない時期は安く見積もられたり…どうすればいいの!?

ライターの場合は実績を積めばここはクリアできます。
じゃあ、その先は?どうしたらいいの!?と私は悩んでいるんですが…

ヨッピーさんいわくごねるといいらしいです!!
ごねる!?どゆうこと!??
例えば、価格交渉をせずに進めたお仕事は公開日が迫ってきてからごねる。

サラリーマンのお給料を増やすことは難しいです。
(なぜなら、1度増やすと毎月・毎年その額を払い続ける必要があるから)

しかし、フリーランスのお仕事の場合はけっこう予算を増やせることあるんだとか。

目からウロコ―!!

確かにー!!

初めてお仕事依頼が来たクライアントさんだと「この価格で!」と提示してOKいただけること多いです。

継続案件で価格交渉をしたことはほぼないですけどね。
(この場合は原稿料変わりませんか?とたまにやる)


ヨッピーさんの著書の中で「こうやってポジションを変えてきた」という場面がありました。

じゃあ、これからどんなポジションを狙っているのかなー?と気になり質問してみました!


これ、「#ライター交流会」で編集者・ライターの鬼頭さんもおっしゃっていたこと。

やっぱり、これから英語ができて当たり前というか、
国内で少ないパイを取り合うより
海外に目を向けないとなーと。

新しい情報は基本的に英語で得られるもの!
私のライターとしてかかわる案件をみても仮想通貨、AI、ロボット、スタートアップ…やっぱり英語重要ですね。


ヨッピーさんがライターになったきっかけ


ヨッピーさんは元々テキストサイトで今でいうブログのようなものを書いていたのだとか。

そこからイベントに誘われて行ってみたらまさかの予選敗退!?

人生で初めてというくらいの挫折を味わったのだそう。
そこから、努力をして今があるんですねー。


記事のネタを探すときの視点について質問がありました。

SPOTのこちらの記事ですね。
【保育園の送迎に公用車】ベビーカーを押しながら、議員宿舎から議員会館まで歩いてみる【実験】

2万RT、はてぶ800以上って!!

世間が注目している情報をいち早く実証した記事でした。

あと早く書ける記事がウケるよねーと。

何日も記事構成を考えてゴリゴリのSEOをした記事より
しゃしゃっと書いてSEO無視の記事がGoogle検索上位にある不思議。

この領域に行きたいー!!

P_20171210_105453

この写真、左の方はトークイベントの参加者。
ヨッピーさんが「1人だと嫌だから…」と前に呼ばれていました。笑


今回のトークイベントは「明日クビになっても大丈夫!」じゃあどうしたらいいの?という問い。
その答えは

  • 会社外のコミュニティ、サードプレイスを持っておく
  • 日ごろから勉強をしておくこと(停滞しない)
  • 発信力をつける
  • だいたいのことは何とかなるし、何とかするかどうか
  • 自分が抱いている不安の90%は現実にならない、または自分が現実にしている

ということなんじゃないかなーと。

まずは自分の足でしっかり立つこと。
そのためには家と会社の往復ではなく、
会社外の勉強やコミュニティをつくること。

確かに、私が転職したときは会社外のコミュニティの影響が大きかったです。

意外となんとかなるかも?
こういう生き方あるんだなーと色々な価値観を得られたときでした。


今回はフリーランスの価格交渉など参考になる話ばかり!

ヨッピーさん、ありがとうございました!

ヨッピーさんの著書「明日クビになっても大丈夫!」はこちら。